理事長挨拶

「十年樹木 百年樹人」と言われます。「1年で実りを得るならば穀物を育て、10年で実りを得るならば樹を植える、100年で実りを得るならばよき人材を育成する」の意です。教育こそ、国家100年の計であるべしという強い意志と明日への希望が込められた言葉です。
 2020年東京五輪・パラリンピックを控え、我が国のスポーツの競技力向上及び普及・振興への取り組みはますます充実・強化されており、社会の期待も大きくなっています。スポーツは、それをする人、見る人、聞く人、支える人、伝える人、立場はそれぞれ違っても、長く愛され、その価値の大切さを継承・拡大していこうとの願いは一つです。スポーツが、人間教育に大いに寄与し、社を明るく楽しくさせる存在であることは、誰しも認めるところです。
 一方、昨今、スポーツ界には様々な社会的事件や不祥事、違法行為、コンプライアンス事例が頻発していることも確かです。スポーツが普及・発展し多様な形の支援・協力関係が生まれるほどそうした事例は増大するリスクが高まっています。
 「予防に勝る治療はない」の言葉通り、スポーツの価値を守り、スポーツをさらに普及・発展させ、スポーツを通して健康で活力ある社会を形成するために、教育という手段により、スポーツ界のコンプライアンスの強化・充実を図り、スポーツ界の負の側面を低減しようというのが本機構の目標なのです。違法行為や不正な事例を取り締まるという形ではなく、そうした事態が起きないように、社会全体の支援・協力により、子どもから高齢者まで、国際的一流選手から地域のスポーツ愛好者まで、スポーツを大切にし、スポーツが大好きな人々の願いと希望を守るために。
本機構は、「あわてず あせらず あきらめず」着実に、多様な事業・活動を実施して参ります。
 生まれたばかりの組織ですが、本機構設立趣旨に賛同いただいた上で、特段のご支援・ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

理事長 武藤芳照略歴

【出身地】  愛知県大府市
【出身校】  名古屋大学医学部(昭和50年卒)
【略 歴】
 昭和55年   東京厚生年金病院整形外科医長
 昭和56年   東京大学教育学部助教授
 平成5年    東京大学教育学部教授
 平成7年    東京大学大学院教授
 平成21年   東京大学大学院教育学研究科長・教育学部長
 平成23年   東京大学理事・副学長、政策ビジョン研究センター教授
 平成24年6月 東京大学名誉教授
 平成25年4月 日体大総合研究所所長
 平成26年4月 日本体育大学保健医療学部教授
 平成28年4月 日本体育大学特別招聘教授
【役歴等】
(財)日本体育協会公認スポーツドクター。日本医師会認定健康スポーツ医。ロサン ゼルス・ソウル・バルセロナ各オリンピック水泳チームドクターを経て、国際水泳連 盟医事委員を務める。(財)日本水泳連盟評議員。日本整形外科スポーツ医学会代議 員、 監事。(財)「運動器の10年」 日本協会業務執行理事、(財)身体教育医学研究所(長野県東御市) 名誉所長、 日本転倒予防学会理事長。 「健康のため水を飲もう推進委員会」(厚生労働 省医薬・生活衛生局後援)委員長。 NPO法人水と健康スポーツ医学研究所(札幌市) 副理事長、 島根県雲南市名誉顧問、(財)少林寺拳法連盟顧問、(財)戸部眞紀財団理 事。
編著書  『疲労骨折』(編著・文光堂)、『からだの理』(丸善)、『武藤教授の転ばぬ教室-寝た きりにならないために-』(暮しの手帖社)、『からだの物語』シリーズ(監修・学習 研究社)、『マンガ運動器のおはなし-大人も知らないからだの本-』(編集・学習研究 社)、『学校における運動器検診ハンドブック-発育期のスポーツ傷害の予防-』(南 江堂)、『転倒予防医学百科』(日本医事新報社)、『スポーツ医学実践ナビ-スポーツ 外傷・障害の予防とその対応-』(編著・日本医事新報社)、『健康のため水を飲もう』 (水道産業新聞社)、『ここまでできる高齢者の転倒予防』(総監修・日本看護協会出版 会)、『転倒予防-転ばぬ先の杖と知恵-』岩波新書(岩波書店、 2013)、『いくつになっ ても転ばない5つの習慣』(青春出版社、 2013)、『「転ばぬ体操」で100歳まで動ける』 (主婦の友社、 2014)、『認知症者の転倒予防とリスクマネジメント-病院・施設・在 宅でのケア-(第2版)』(共編著、 日本医事新報社、 2014)、『イラストと写真でわ かる武道のスポーツ医学 柔道』(監修・ベースボールマガジン社、 2016)、『五七五転 ばぬ先の知恵ことば』(選評・論創社、 2016)、『多職種で取り組む転倒予防チームは こう作る!』(編著・新興医学出版社、 2016)、『転倒予防白書』(編著・日本医事新報 社、 2016)、『イラストと写真でわかる武道のスポーツ医学 剣道』(監修・ベースボー ルマガジン社、 2017)、『スポーツ傷害のリハビリテーション-Science and Practice -(改訂第2版)』(金原出版、2017)、他多数。